HOME     ABOUT TRASER     COLLECTION     SHOP     SERVICE & SUPPORT     
traserロゴ

Traser Watches H3 とは



Traser Watches H3はスイスのmb-microtec社がプロデュースするブランド・ウオッチです。
Traser Watches H3が現在のような進化を遂げた背景にはアメリカ軍と深い関係があります。
1988年、当時採用されていたトリチウム・ペイント・タイプの時計から規定以上の放射能が計測されました。米国国防省は早急に今までのミルスペック(軍指定装備規定)の改訂を実施。正規納品業者たちは新しい規定に合った、安全で正確な時計を造る必要に迫られました。
正規納品業者の1社だったStocker & Yale社は数年前より、スイスmb-microtec社が開発・製造していたtrigalightを米軍用コンパスに使用していました。
この革新的な発光技術を軍用時計に活かすことができるのでは…、mb-microtec社が米国ミリタリー・ウォッチの歴史に参加することになりました。
trigalightを文字盤のインデックスと秒針に使用した新たな時計のプロトタイプは国防省による、過酷で厳しい数々のテストに合格しました。
こうしてTraser Watches H3シリーズは米ミリタリーに正式に採用が決まり、1980年〜2000年の間に実に100万個以上の時計が米軍に納品され、実際の様々なミッションに使用され、50万個以上が一般の市場でも販売されました。
2000年にStocker & Yale社が時計部門の撤退を決意した後、trigalightの開発元のスイスmb-microtec社が、特に本物の軍関係品を収集しているコレクターの強い要望により、ミルスペック・モデル・H3シリーズを蘇えらせました。

*全てのモデルの文字盤にはトリチウム・ガス使用量が日本の法律で定められている925MBQ以下である証、“T25”と印字されています



Mb-microtec とは



Mb-microtec社の歴史は1918年までさかのぼります。
Mert氏とBenteli氏がスイスの首都ベルンにて、時計産業向けに蓄光性塗料の製造と供給を請け負う会社を創業しました。
彼らにとって最も重要な素材である良質の放射性物質を、その道のパイオニアでノーベル賞(物理・化学)受賞したキューリー夫人の経営する会社より直接原料を買いつけていました。
その後の世界恐慌を乗り越え、mb-microtecの名の下に会社を統一。
その後、トリチウム・ガスをガラス管に注入し自己発光するトリガライトを開発し、供給する業界最大手の企業として現在に至ります。



Trigalight とは



mb-microtec社が生産するトリガライトは米国のあらゆる工業製品の標準規格を規定、管理、承認する団体であるANSI(アメリカン・ナショナル・スタンダード・インスティチュート)の厳格な品質規定を満たしている唯一の自己発光(トリチウム・ガスを充填した小型ガラスチューブで常に自己発光し続ける)システムです。
放射性物質を放出することなく自己発光を可能にしたトリガライト・システムは従来の蛍光塗料と比べ、100倍近い視認性を実証し、各国の特殊部隊をはじめ軍や警察などの様々なミッションや機関で正式採用されています。
また、現在80以上の時計ブランドにトリガライト・システムを供給している実績も、その品質への信頼の証です。
トリガライトは10年間の夜間視認性が保証されています。
また、トリチウム・ガスが発する緑色の光は人間の目に最も優しい光の波長であるといわれています。



MIL-SPEC とは



ミルスペックとはMilitary Specificationの略で、軍の要求する品目や材料、手順、任務についての技術項目を記載した「米軍仕様書」を意味します。
複雑な軍の機構と組織に対して、常に同一品質の製品が納品できることが大切な兵士の任務と命を守ることへとつながります。
MIL-PRF-46374Gはアメリカ国防総省が定めた腕時計に関する最新基準の規格規定になります。

All rights reserved by DIAMOND CO.,LTD.